[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

ホーム > リフォーム > 住まい長持ち

住まい長持ちリフォーム

長持ちする住まいとはどんな住まいでしょうか?
構造的に強い事はもちろん大切ですが、ここでは長く住む為の快適性に着目したリフォームをご提案します。

屋根

屋根は住まいの中で一番雨風にさらされる場所。ズレやヒビ割れ等があると雨漏りの原因になります。普段見えにくいからこそ、定期的なチェックとメンテナンスが必要です。
雨樋は1ヵ所が詰まるとあふれた雨水が外壁を濡らしたり、泥跳ねで汚れたりします。雨樋に落ち葉などがたまったらすぐ取り除くなど、定期的なお掃除を。また、古くなってくると樋を受ける金具が破損したり、外れることもあるので、屋根の点検時には雨樋のチェックも忘れずに。
屋根リフォームの流れはこちら

外壁

外壁塗装の一番の役割は漏水を防ぐことですが、最近では外壁塗装が多様化してきています。綺麗さやデザイン性もさる事ながら、住環境や省エネに効果のある塗料が開発されているのです。コスト面では割高に感じますが、機能面でおすすめです。

光触媒塗装

太陽光に反応する酸化チタンの働きで、外装材の汚れを光で分解、雨で浮かせて流します。長期間にわたって塗装したての美しさを保つことができ、しかも消臭・抗菌効果の高い活性酸素の発生によって、大気中の汚染物質を減らすので、環境にもやさしい塗料です。

熱反射遮熱塗装

夏の強烈な日差しが、屋根を通して室内を暖め、日が落ちた後も屋根は熱を持ち続け、室内をじわじわと暖めます。それに対抗するために開発された塗料です。重ね塗りのため防水性も高く、太陽からの熱光線を反射し、屋根材の温度上昇を和らげます。その結果、室内の温度は快適に保たれ冷房効果もアップします。

断熱塗装

夏の日差しを熱反射し、なおかつ塗料の断熱層が熱伝導率を下げて、暖かさも冷たさも伝わりにくくします。防水性、耐久性も高く、躯体の温度変化を抑制します。夏は涼しく冬は暖か、冷暖房負荷も低減して省エネ住宅に。
リフォーム工事の流れはこちら

屋根

『結露』とは、温度と湿度のバランスで起きる現象です。室内と室外の温度差が大きいほど起きやすく、ジメジメするだけでなくカビやダニの繁殖原因にも。『結露』を防止するには「換気をよくすること」「窓の断熱性を高めること」「調湿効果のある内装材を使うこと」などですが、窓を複層ガラスにしたり内窓を付けたりして、断熱性を高めることがお勧めです。断熱性を高める事で、アトピーやアレルギーの原因となるダニ・カビの温床、結露を防止したり、冷え冷えゾーンの解消や暖房費の節約など、断熱の効果はたくさんあります!

換気

自然換気は温度差や風圧によって量や方向が変わり、また屋内外の温度差がなく風も吹かない日には、いつまでも室内の空気が淀んでしまうのです。こんな場合は計画的な「機械換気システム」にすれば、家中の空気をコントロール出来ます。換気量が安定しているので空気がよどみにくく、臭いもこもりにくい快適な室内環境を維持します。お住まいの状況に合わせたシステムが選べるのもポイントです。

室内換気システム

昔は窓を閉めてもいずれかの隙間から換気されていたのですが、最近の建物は、窓がアルミサッシに変わって密閉化された上、冷暖房設備の使用で窓を閉め切りがちです。こもりがちな空気・湿気を計画的な機械換気で快適な室内環境に。

無料お見積・アンケート受付中!
お見積もりプレゼント

お見積は無料!私達にできる限りのお手伝いを致します。

お見積はこちらから!

このページの先頭へ戻る