Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ホーム > リフォーム > 耐震

耐震リフォーム

突然やってくる地震
大切な住まいを守るのは確かな耐震補強です。

貴方の住まいは大丈夫ですか?
言わずと知れた地震大国日本。1995(平成7)年に発生した阪神淡路大震災は6500人の方が亡くなり、約20万の家屋が全壊又は半壊という大きな被害をもたらしました。なくなった方の約8割が、家屋や家具の倒壊による圧死と推計されています。大きな地震では、愛する我が家が凶器になりかねないのです。木造住宅はきちんとした構造補強を行えば、耐震性は増し、家の寿命も長くなります。あなたと家族、大切な財産を守る為に住まいの耐震リフォームをおすすめしています。

耐震性を決める5つのポイント

地 盤

建物の揺れは地盤の状態に大きく左右されます。軟弱地盤では壁量も基準の1.5倍が必要。

重 量

地震力は建物の重量に比例するので、耐震性能を高めるには建物を軽くする事が望ましい。

木造住宅では主に地震力を壁が負担する為、必要な壁量が定められています。

水平構面である床の剛性が十分でないと、壁の耐力にも影響があります。

接合部分

軸組工法建物は、土台、柱、梁等の接合部分に一定の強度を確保する事が定められている。

耐震補強の方法

基礎の補強

20年ほど前までの住宅は、無筋コンクリートの基礎が多く、現在の鉄筋を入れた布基礎やベタ基礎と比較すると強度不足。こういった基礎や古い独立基礎は、コンクリートで基礎を一体化したり、コンクリートを増し打ちします。又、クラックなどの症状の場合は、専用の注入剤で補修します。

痛んだ部材の交換

湿気やシロアリによって柱や土台、梁などが腐朽した場合は、その部分を取り替えることができます。土台に場合は、防蟻処理した木材を使います。

足元補強

柱が引き抜けないように金物を取り付けて、柱を土台にしっかり固定し、足元部分を強固にします。また土台と基礎を留めるアンカーボルトがない場合は、アンカーボルトで固定することが必要です。

壁の補強

耐力壁は壁を新設する場合と既存壁の剛性を高める場合があり、既存壁は、外壁をはがして外部から補強する方法と、室内側から補強する方法があります。柱と横架材の接合部に金物を取り付け、ブレースをかけます。筋かいをたすき状にかけて、接合部は金物を使い補強し、構造用合板でより強固な壁にします。ブレースの場合も同様にできます。

接合部補強

古い住宅の場合、接合部に金物が使われていない場合も多く、木材の抜けを防ぐために、強度不足の接合部を金物で補強します。

床面の補強

床面の補強は耐力壁と同じように、横架材の接合部に金物を取り付け、ブレースをかけます。

住みながら出来る外付け補強

外壁をはがさずに、外壁側から鉄筋ブレースや鋼材で壁を補強します。
外付けホールダウン金物やアラミド繊維ロープなどを柱脚と土台、基礎などの接合部に取り付け補強します。

重い屋根材は不安定

重い屋根材は建物に負担がかかり、それをささえる耐力が必要になります。軽量で丈夫な屋根に取り替えるか、耐力壁で耐震性を強めます。

無料お見積・アンケート受付中!
お見積もりプレゼント

お見積は無料!私達にできる限りのお手伝いを致します。

お見積はこちらから!

このページの先頭へ戻る