ホーム > スタッフ日記 | 社長のきまぐれ日記 > 白熱電球4年後に廃止~電球蛍光灯へ~

スタッフ日記 | 社長のきまぐれ日記

白熱電球4年後に廃止~電球蛍光灯へ~


白熱電球4年後に廃止~電球蛍光灯へ~

甘利明経済産業相は5日、電力消費が多い白熱電球を4年後の2012年までに廃止し、電球蛍光灯への全面切り替えを完了させる方針を正式に表明しました。

北海道洞爺湖町で開かれた、地球温暖化問題をテーマとした関係閣僚と市民の対話集会で明らかになり、今後、関係業者や消費者に協力を働き掛けていくとなりました。

電球蛍光灯は、消費電力が白熱電球の約5分の1で、寿命も長く省エネ効果が高い。政府が具体的な期限を設定することで、普及を加速させる狙いがあります。
日本電球工業会によると、06年の白熱電球の販売数が約1億3500万個なのに対し、電球蛍光灯は約2400万個にとどまっています。政府は、全世帯が電球蛍光灯に切り替えた場合の温室効果ガス削減効果は、家庭の排出量の1.3%に当たる約200万トンと予測しています。

経産相は電球蛍光灯が明るくなるまで約2分かかる点について

「メーカーに技術改善を要請していきたい」

との考えを示しました。ただ、購入価格が白熱電球より割高など課題も残っています。
対話集会は、北海道洞爺湖サミットが開かれる胴爺湖町で開催。福田康夫首相は
「温暖化を食い止めるには、国民全体の取り組みが必要だ」
とあいさつしました。

鴨下一郎環境相は、省エネへの関心を高めるため、サミット初日の7月7日の午後8時から同10時まで、全国の家庭やライトアップ施設の一斉消灯を呼び掛けることを明らかにしました。
経産相も新住宅の省エネ性能を評価する新制度を導入する考えを示しましたが、約70人の一般参加者からは「産業界の規制をもっと進めるべきだ」と企業に排出削減目標を義務付けるよう求める声もきかれました。

4年後というのが長いようであっという間だと思います。
光というのは体に影響し、光がなければ人間は生きられないと言われています。
日本では、会社や住宅で白熱電球が多く使われていていますが、実は蛍光灯の方が体にもいいんですよ。温暖化も止められる、これは一石二鳥ですね(^-^)

~お問合せ先~
リフォームするなら
一級建築士事務所の
ジェイジェイドリーム
TEL:0120-06-3169
(8:00~19:00)
FAX:06-6705-3179
24時間OK!
住所:大阪市平野区長吉出戸6-15-31
URL:http://www.jj-dream.com
E-Mail:info@jj-dream.com
担当:藤井 實まで
 

Comments: 0

コメントを投稿する
この情報を残しますか?

Trackback+Pingback: 0

この記事のURL
http://jj-dream.com/blog/2008/04/09/%e7%99%bd%e7%86%b1%e9%9b%bb%e7%90%83%ef%bc%94%e5%b9%b4%e5%be%8c%e3%81%ab%e5%bb%83%e6%ad%a2%ef%bd%9e%e9%9b%bb%e7%90%83%e8%9b%8d%e5%85%89%e7%81%af%e3%81%b8%ef%bd%9e/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
白熱電球4年後に廃止~電球蛍光灯へ~ from リフォームするならジェイジェイドリーム 大阪・施工・販売

Home > スタッフ日記 | 社長のきまぐれ日記 > 白熱電球4年後に廃止~電球蛍光灯へ~

無料お見積・アンケート受付中!
お見積もりプレゼント

お見積は無料!私達にできる限りのお手伝いを致します。

お見積はこちらから!

このページの先頭へ戻る