ホーム > お知らせ > 戸建てリフォームをお考えの方【耐震】

お知らせ

戸建てリフォームをお考えの方【耐震】

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

[戻る]

目的別リフォーム情報 耐震リフォーム

突然の地震に備えて地震対策(耐震)リフォーム
突然の地震に備えて耐震リフォーム
あなたの住まいは大丈夫ですか?
木造住宅は、きちんとした構造補強を行えば
耐震性は増し、家の寿命も長くなります。

建物チェック こんな建物は要注意です

建物チェック近年、地震が全国各地で発生している“地震大国日本”。平成7年(1995年)に発生した阪神淡路大震災では、6500人の方が亡くなり、約20万の家屋が全壊、または半壊という被害をもたらしました。亡くなった方の約8割が、家屋や家具の倒壊による圧死と推計されていて、住まいの耐震性の重要度が分かります。特に昭和56年(1981年)以前に建てられた建物、1階に壁が少ない建物、下屋の大きい建物、老朽化した建物などは耐震性に乏しいケースが多く、また軟弱な地盤に建っている建物も揺れが大きくなるので耐震性のチェックが必要です。木造住宅はきちんとした構造補強を行えば、耐震性は増し、家の寿命も長くなります。あなたと家族、大切な財産を守るために、住まいの耐震リフォームをおすすめします。あなたの住まいは大丈夫ですか?

昭和56年以後に建てられた住宅も適用される場合もございます。詳しくはこちら

耐震リフォームの前に耐震診断を

耐震診断耐震性に不安のある住まいは、耐震リフォームを考える前に耐震診断をしましょう。一級建築士等の専門家により、地盤・建物の基礎・形状・構造・壁の配置・屋根・老朽度等を細かくチェックし、住まいの耐震性を診断。専用の耐震診断ソフト等を用いる場合もあります。その上で、住まいの問題点や耐震性の度合いに応じて専門家に依頼し、耐震補強プランをたてましょう。耐震リフォームは、工事の内容で工事費も大きく違います。リフォーム時に耐震リフォームを合わせて行えば、工事も無駄なく合理的です。大切な住まいを守る為に一度検討してみては。

補強方法 住まいの弱点をしっかり補強

補強方法耐震診断で住まいの問題点を把握したら、それをもとに補強プランをたてます。主な補強工事としては、下記のような方法があります。

〇基礎にクラック、強度不足等
  補修材を用いたり、新しい基礎を増し打ちで補強。
〇木材の腐朽、白アリ被害
  傷んだ木材の取り換え。
〇基礎、土台、柱の接合不足
  金物などによる補強。
〇耐力壁の不足、偏った配置
  鉄筋ブレース、筋かい、構造用合板等による補強。
〇開口部の強度不足
  金物、鉄筋ブレース、構造用合板による補強。

この他にも様々な補強手段がありますので、専門家に相談し、適切な耐震リフォームを行ないましょう。

 
[戻る]

Comments: 0

コメントを投稿する
この情報を残しますか?

Trackback+Pingback: 0

この記事のURL
http://jj-dream.com/blog/2008/01/01/%e6%88%b8%e5%bb%ba%e3%81%a6%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%92%e3%81%8a%e8%80%83%e3%81%88%e3%81%ae%e6%96%b9%e3%80%90%e8%80%90%e9%9c%87%e3%80%91/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
戸建てリフォームをお考えの方【耐震】 from リフォームするならジェイジェイドリーム 大阪・施工・販売

Home > お知らせ > 戸建てリフォームをお考えの方【耐震】

無料お見積・アンケート受付中!
お見積もりプレゼント

お見積は無料!私達にできる限りのお手伝いを致します。

お見積はこちらから!

このページの先頭へ戻る