ホーム > お知らせ > 戸建てリフォームをお考えの方【外装】

お知らせ

戸建てリフォームをお考えの方【外装】


[戻る]

場所別リフォーム情報 外装リフォーム

住まいを守る 外装とは
住まいを守る 外装とは外装材は住まいの印象を左右するだけでなく、紫外線・風雨、暑さ・寒さから守る重要な素材です。
それぞれの性能や特徴を知って、我が家に合うものを選びましょう。

屋根リフォームの種類 屋根の状態に合わせて3種類の方法

屋根リフォームの種類住まいを守る為にとても重要な屋根は最も紫外線や風雨にさらされる場所。普段見えにくいからこそ、定期的なチェック・メンテナンスで、屋根材の傷みやズレ、ヒビ等を早期発見し最適な状態を保つようにしましょう。
屋根のリフォームには、下記の3種類の方法があります。屋根材や下地材の状況に応じて検討しましょう。

①表面塗装を塗り直す「塗り替え」
②既存屋根に軽量の屋根材を重ね張りする「重ね葺き」
③既存屋根を撤去して新しい屋根材を葺く「葺き替え」

外壁リフォームの種類 外壁に合わせて3種類の方法

外壁リフォームの種類屋根と同様、風雨から住まいを守る外壁。また、その外壁が、遮熱・断熱効果住まいの印象を決めたり、冷暖房等の光熱費を抑える事ができるかどうかも重要なポイントです。
この外壁リフォームには、下記の3種類の方法があります。住まいのデザインや耐久性・機能性を考慮して選ぶ事が大切なポイントです。

①塗装が必要な外壁材を塗り直す「塗り替え」
②既存の壁材の上にサイディング等を張り増しする「重ね張り」
③既存の壁材を撤去してサイディング等を張り替える「張り替え」

屋根材・外壁材の種類 色・デザイン・機能で選ぶ外装材

屋根材・外壁材の種類屋根・外壁などの外装材は、どんな素材を選ぶかで耐久性やメンテナンス性、住まいの印象を大きく左右します。その機能や特徴を知った上で我が家に合った素材選びをしましょう。ここでは、代表的な屋根・外壁材をご紹介いたします。
屋根材
彩色スレート 価格が手頃で、軽量・耐久性・耐候性も優れていて広く普及している屋根材。定期的な塗り替えが必要。
粘土瓦 和風住宅に用いられる「和瓦」が代表的。色落ちしにくく耐久性が高いのがポイントです。他にも洋風住宅に向く「素焼瓦」「平板瓦」などがあります。
金属系屋根材 今までは、カラートタン(亜鉛メッキ鋼板)が一般的でしたが最近は、耐久性のあるガルバリウム鋼板(亜鉛アルミ合金メッキ鋼板)が主流。
軽量で重ね葺きにも適しています。
セメント瓦 スレートよりも厚く、瓦に近い重厚感と瓦より安価なのがポイント。形も豊富で「プレスセメント瓦」の他に、欧風住宅向けの山形形状の「コンクリート瓦」があります。
外壁材
モルタル+塗装 モルタルを下地に樹脂系の塗料を吹き付けしたりコテやローラーで模様を付けて仕上げます。 最近では、珪藻土など自然素材も人気。
サイディング 施工性の高さと、品質の均一さ、種類の豊富さで人気。
主にセメント等を主原料とし、バリエーション豊富な窯業系サイディングとスチールやアルミを表面材として断熱性の高い金属系サイディングがあります。
タイル 耐候性・耐久性・耐火性に優れたタイル。
最近は、従来の湿式工法に変わり、施工が容易な乾式工法が普及しています。

 
[戻る]

Comments: 0

コメントを投稿する
この情報を残しますか?

Trackback+Pingback: 0

この記事のURL
http://jj-dream.com/blog/2008/01/01/%e6%88%b8%e5%bb%ba%e3%81%a6%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%92%e3%81%8a%e8%80%83%e3%81%88%e3%81%ae%e6%96%b9%e3%80%90%e5%a4%96%e8%a3%85%e3%80%91/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
戸建てリフォームをお考えの方【外装】 from リフォームするならジェイジェイドリーム 大阪・施工・販売

Home > お知らせ > 戸建てリフォームをお考えの方【外装】

無料お見積・アンケート受付中!
お見積もりプレゼント

お見積は無料!私達にできる限りのお手伝いを致します。

お見積はこちらから!

このページの先頭へ戻る