ホーム > お知らせ > 戸建てリフォームをお考えの方【増改築】

お知らせ

戸建てリフォームをお考えの方【増改築】


[戻る]

目的別リフォーム情報 増改築リフォーム

増改築でもうひと部屋
増改築でもうひと部屋家族構成やライフスタイルの変化によって、
もう一部屋欲しくなります。
増改築で住まいによりある空間を
実現できます。

リビング・居室の増改築採光、使い勝手、外観にも配慮

リビング・居室の増改築リビングや居室の増改築では、入口を設けて必要な部屋を増築する場合と、リビングの壁一面を解体して増築部分とつなげて部屋を広くする増改築があります。前者の場合、納戸や子供室などもう一部屋欲しいという時に適していますが、敷地や窓の関係で元々の部屋が暗くなったり、使い勝手が悪くなってしまったりする場合があるので注意が必要です。リビングを広げる場合は、増築部分の天井高を高くして開放感を持たせたり、部屋の部分を2階のルーフバルコニーにするといった方法もおすすめです。また増築の場合、外観の仕上げも大切です。外壁すべて合わせて変更できればいいのですが、予算の都合上そうもいかない時は、あえてアクセントにタイルを貼ったり、増築部分の形状を変えてみたりといった工夫で、今の住まいの美観を損なわないように計画しましょう。

水廻りの増改築 少しの増築でゆとりの水廻り空間

水廻りの増改築古い戸建て住宅では、特に水廻りが狭いプランが主流でした。古くなった設備や内装を取り換えし新しくするだけでも充分きれいになりますが、プラス増築でスペースを広げるとゆとりも満足度も違います。例えば、0.75坪の浴室を0.5坪増築して1.25坪の広い浴室に増改築。狭い6帖のキッチンを2帖(1坪)増築して、8帖のダイニングキッチンに。敷地にあまり余裕がなくてもできる1坪程度のリフォームで広々、快適空間が実現できます。

増改築の方法 住まいの状態・費用を考えた増改築方法を

増改築の方法部屋や収納を増やしたい場合に既存の家屋にそのまま差しかけて増築する方法が、「差しかけ増築」です。既存の解体部分が出入り口のみと少なくて済み、低コストで行えるので一般的によく用いられる方法ですが、見た目があまり良くないことがデメリットです。また、「差しかけ増築」で、天井を高くしたい場合や2階まで増築したい場合は、既存の屋根を一部解体して増築します。既存の部屋を広くしたい場合に、建物の屋根と壁を取り壊して増築する方法は、「取り壊し増築」です。解体部分が増え、場合によっては補強が必要になるので、「差しかけ増築」よりもコストが高くなります。平屋に2階部分を増築する方法は、「おかぐら増築」です。既存の1階部分の屋根を撤去して増築しますが、その際に柱や梁の補強が必要となるので、費用がかかります。住まいの状況に合わせた増改築方法を選びましょう。

増改築の制限 一戸建て住宅を増改築する場合の法令上の基礎知識

増改築の制限住まいを長持ちさせるポイントは、「住まいの不良の早期発見と早期手当て」です。屋根・外壁はもちろん、雨樋・水切・破風や軒天等も合わせてチェックしましょう。ルーフバルコニーも大切なチェックポイント。排水溝や防水シートの状況を確認します。他にも土台・基礎、玄関ドア、雨戸等部位に応じた点検項目を、それぞれ適した点検時期にくまなくチェックして不具合があれば早目に対応する事で、住まいの性能を維持する事ができます。適切なメンテナンスで大切な住まいを次世代まで。

 
[戻る]

Comments: 0

コメントを投稿する
この情報を残しますか?

Trackback+Pingback: 0

この記事のURL
http://jj-dream.com/blog/2008/01/01/%e6%88%b8%e5%bb%ba%e3%81%a6%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%92%e3%81%8a%e8%80%83%e3%81%88%e3%81%ae%e6%96%b9%e3%80%90%e5%a2%97%e6%94%b9%e7%af%89%e3%80%91/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
戸建てリフォームをお考えの方【増改築】 from リフォームするならジェイジェイドリーム 大阪・施工・販売

Home > お知らせ > 戸建てリフォームをお考えの方【増改築】

無料お見積・アンケート受付中!
お見積もりプレゼント

お見積は無料!私達にできる限りのお手伝いを致します。

お見積はこちらから!

このページの先頭へ戻る