ホーム > お知らせ > 戸建てリフォームをお考えの方【光と風を取り入れる】

お知らせ

戸建てリフォームをお考えの方【光と風を取り入れる】

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

[戻る]

目的別リフォーム情報 光と風を取り入れるリフォーム

「風」と「光」を取り入れるリフォーム
「風」と「光」を取り入れるリフォーム住まいの心地よさを創り出す上で
欠かせない風と光。
上手に風と光を取り込むリフォームで、
明るく開放的な空間へと変える事ができます。

採光と窓 光を上手に取り込む工夫

採光と窓部屋を明るくする基本は、窓から入る爽やかな光ですが、ただ窓をつければ良いという訳ではありません。部屋の明るさと、窓の大きさや位置は深く関係しています。 例えば東西南北で光の性格が異なります。直射日光が入りにくい北側は、窓を高い位置に設置して効率よく光を取り込み、逆に直射日光が射す南側は、大きな窓でしっかり採光しましょう。但し、夏場は暑いのでスクリーンやオーニングで調整出来るようにしておくと快適です。西日対策も同様に。朝日が入る東側の窓は、出窓がオススメ。明るいだけでなくゆったりとした窓辺を演出してくれます。
採光と窓の位置プライバシーや景観に配慮して十分な光を取り入れましょう
(1)トップライト
トップライト屋根や天井面に設ける窓。プライバシーを守りながら、効率よく光を取り込みます。北面や東面とに使うと効果的。
(2)ハイサイドライト
ハイサイドライト側面(壁)の高い位置に設ける窓で、部屋の奥まで光が入ります。吹き抜けのリビングや玄関ホールにオススメ。
(3)サイドライト
サイドライト一般的な窓で、大きな開口部から光を取り入れます。景観を得られる一方で、プライバシーへの配慮が必要
(4)ローサイドライト
ローサイドライト床の近くに取り付ける窓で、和室や廊下の窓に使われます。光は床に入るのみで、部屋の奥までは入りません。

窓の種類 窓の種類と、採光・彩風

窓の種類窓は、デザインや開閉方法に様々なものがあり、採光や通風の効果が異なります。例えば眺め良いリビングには、大型の引違い窓や全開口サッシ、室内を広く感じさせる出窓で、光をたっぷり取り込んで。換気やデザインの面では、たてすべり出し窓、オーニング窓、ダブルハング窓が適しています。水廻りの採光・換気にはルーバー窓、内倒し窓を。隣家や道路からの視線が気になり大きな窓が取りにくい場合は、天窓がオススメ。ガラスブロック窓、スリット窓は外からの視線が見えにくく、外観のアクセントにもなります。住まいに合わせて窓を上手に選び、取付位置も考えて、住まいに風と光を取り込み明るくさわやかな空間を手に入れましょう。

風通し 風の通り道をつくる

風通し住まいに風を取り入れると気持ち良い事はもちろん、家の中の湿気やホコリ、有害物質を外に出して室内の空気環境を改善してくれます。風を通すには、ただ窓を大きく開けるだけでなく、風が入る窓と風が出ていく窓が必要です。例えば、南から北へ、1階から2階へと窓を設け、風の通り道を創ります。この場合、風の通り道にある建具は、開けたままにできる引き戸や、アンダーカット、換気ガラリ付のドアなど通気できるタイプを選びます。またその他にも通気孔を設けた通風シャッター、玄関ドア・勝手口の採風タイプのドアなどもおすすめのアイテムです。

 
[戻る]

Comments: 0

コメントを投稿する
この情報を残しますか?

Trackback+Pingback: 0

この記事のURL
http://jj-dream.com/blog/2008/01/01/%e6%88%b8%e5%bb%ba%e3%81%a6%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%92%e3%81%8a%e8%80%83%e3%81%88%e3%81%ae%e6%96%b9%e3%80%90%e5%85%89%e3%81%a8%e9%a2%a8%e3%82%92%e5%8f%96%e3%82%8a%e5%85%a5/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
戸建てリフォームをお考えの方【光と風を取り入れる】 from リフォームするならジェイジェイドリーム 大阪・施工・販売

Home > お知らせ > 戸建てリフォームをお考えの方【光と風を取り入れる】

無料お見積・アンケート受付中!
お見積もりプレゼント

お見積は無料!私達にできる限りのお手伝いを致します。

お見積はこちらから!

このページの先頭へ戻る