ホーム > グループ(提携)会社からのお知らせ > Dr.ロックスの健康うんちく講座(оо)!!パートⅤ

グループ(提携)会社からのお知らせ

Dr.ロックスの健康うんちく講座(оо)!!パートⅤ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

体温の正しい測り方は?

☆腋の下で測る場合は汗をよく拭いてから。舌下は腋下より1度高い「体温って、どこで測るのですか?」と患者さんから質問されることがある。測るのにオーソドックスな場所は腋の下だ。体全体の体温の平均が腋の下で測るものとほぼ同じものなので、腋の下で測るのが一般的な方法とされている。舌の下や肛門で測る方法もあるが、同じときに測っても体の場所で体温が異なる。舌下で測った体温は腋下で測った体温より1度ほど高い。肛門で測った体温を直腸温というが、直腸温は腋の下で測った体温より2度ほど高い。腋の下で測る場合は、汗をよく拭いてから腋の下に体温計を45度くらいの角度に差し込み、腕を密着させる。舌の下で測る場合は舌の下にはさみ、軽く口を閉じる。肛門で測る場合は体温計の先のほうから肛門に2~3cm差し込む。乳幼児の場合は肛門で測ることが多い。いずれの場合も体温計をきちんと35度に下げてから測るようにする。体温に関することで見逃せないことがある。それは日本人の平熱が下がってきていることだ。その理由として、昔のように体を使って掃除や洗濯をせずにすむようになり、ふだんから体を動かす機会が少なくなって、必要とする消費エネルギーが低下していることが指摘されている。エネルギーを必要としない状態なので基礎代謝(じっとしていても使うエネルギー)も低下している。その結果、同じ食事をしたとしても昔の日本人より太りやすい体質になってきている。意識して体を動かすように心がけたい。

今日はここまで!!明日は、脈拍と頸動脈についてのお話!!お楽しみに!(^^)!

Comments: 0

コメントを投稿する
この情報を残しますか?

Trackback+Pingback: 0

この記事のURL
http://jj-dream.com/blog/2006/05/12/dr%ef%be%9b%ef%bd%af%ef%bd%b8%ef%bd%bd%e3%81%ae%e5%81%a5%e5%ba%b7%e3%81%86%e3%82%93%e3%81%a1%e3%81%8f%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%88%d0%be%d0%be%ef%bc%89%ef%bc%81%ef%bc%81%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%bd%b0/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
Dr.ロックスの健康うんちく講座(оо)!!パートⅤ from リフォームするならジェイジェイドリーム 大阪・施工・販売

Home > グループ(提携)会社からのお知らせ > Dr.ロックスの健康うんちく講座(оо)!!パートⅤ

無料お見積・アンケート受付中!
お見積もりプレゼント

お見積は無料!私達にできる限りのお手伝いを致します。

お見積はこちらから!

このページの先頭へ戻る